日吉八幡神社の神輿

投稿者: | 2018年3月12日

神輿(しんよ)

神霊が御旅所などに渡御(とぎょ)する御幸(みゆき)の際に神霊が一時的に鎮まるとされる輿(こし)。

みこしともよむ。通常おみこしと呼ばれる。おおくは黒漆塗木製で形は四角

六角八角形などがあり、台と胴と屋根から成る。屋上には鳳凰(ほうおう)を置き、台には

二本の棒を縦に貫き、さらにこれに横棒を取り付ける場合もある。

日吉八幡神社のおみこし

 


コメントを残す